西新宿個別指導塾    ー相模大野校ー

21世紀を勝ち抜ける力を育成する

過度な目標の明確化は逆効果?その2

私:「何のために勉強しているの?」
生徒A:「やれと言われたから。」
生徒B:「将来、お金持ちになりたいから。」
生徒C:「いい成績をとると親が喜ぶから。」
生徒D:「いい大学に行きたい。(すごいと言われたい。見返したい。)」
生徒E:「将来物理学者になり宇宙のなぞを解明したい。」
生徒F:「お医者になって人の役に立ちたい。」
生徒B~Fでどの子に対して目的に問題があると感じますか?
と言う。前回の私の質問に回答します。

私の答えは、「みんなすばらしい目的を持っている。」です。もし、生徒B~Fまでで問題のある目的を持っている子が居るとこれだけの情報から感じた人が居れば、これからの私の話を良く聞いてください。人は、自分が正しいと思っていて自分と違う目的を持つ子を問題とみなします。または、自分の考えを証明するために相手を否定します。しかし、目的は人それぞれですし何であれ子供たちが今は目の前の物事に取り組む活力になるならすばらしい事です。完璧な大人が納得するような目的を持った子なんてめったに現れません。もちろん、特定人種の虐殺や大量虐殺をしたい。と言う子が居たら対応する必要がありますが少なくとも私は未だかつてであったことがありません。

お金持ちになりたい。いいじゃないですか。お金があればできることが広がります。悪いことにも使えますがいい事にも使えます。今は、お金持ちになるために努力すればいいのです。その後は、その時々に我々大人が正しい方向に導けるよう心がければいいのです。
親が喜ぶから頑張る。とてもすばらしいことだと思います。親のために勉強してという人が居ますけど他人を喜ばせるために頑張れるなんてとても素敵なことです。そして、頑張ったことは自分の財産にもなります。
周りにすごいと思われたい。人間なんですからそう思うのは当然です。それを素直に受け入れて努力できるなんて素敵だと思いますよ。
物理学者になって宇宙のなぞを解き明かしたい。人間の知的欲求の究極系の一つですね。ぜひ頑張って欲しい。
お医者になって人を助けたい。是非よろしくお願いいたします。

はっきり行って現実は、とても厳しいです。そのため、我々大人は良かれと思い自分の考えをつたえます。その結果、知らないうちに子供の目的を否定してしまい。傷ついた子供は、自分の考えをもてない子になってしまいます。または、大人から経験を学ぶものの何一つ自分で成し遂げていないので、IQは高く口は達者なのですがPQ(やりぬく力)が低くいつもネガティブなことを言う子供になってしまいます。目的を一度でも信頼する大人から否定されれば、もう二度と子供はその目的を口にしません。そもそもあなたの経験が100%正しいとは限らないのです。目的を持つことは確かに重要ですし、経験からその目的にいろいろ批判したくなることもありますがIQ, PQ, EQ, SQの身につけたうえでの話です。
危ない言い方をすれば、多少目的がずれていても目標に向かって考え努力するのであれば、それは、子供にとって必要な成長段階なのです。

 

無料授業体験・学習相談 資料請求・お問い合わせ

Return Top
 

お問い合わせはコチラから