西新宿個別指導塾    ー相模大野校ー

21世紀を勝ち抜ける力を育成する

中学生は大事な時期

中学生は人としての考え方や性格の根本を形成する大切な時期

中学生という時期は、一個人としての自立心が芽生え始め、人としての考え方や性格の根本を形成する大切な時期です。さまざまなことを経験すると同時に、一つのことに必死に努力をし結果を出すことが重要になります。

もちろん、1つのことを必死に努力することとして、勉強以外のスポーツや音楽、美術でも構いません。

しかし、それと同時に本人の実力以上の学校成績を求めるような半端なことはしてはいけません。

必死に、頑張ると決めた分野で結果が出るように努力させてあげてください。その過程で、「本人が必死で考え」「情報収集をして」「課題を解決すること」で今後の人生で必要となる能力を身に着けられるでしょう。

言語能力・論理的思考力・発想力をみにつけよう

もし頑張る分野を勉強とするならば、言語能力(国語力)、論理的思考力、発想力をしっかりと身につけることを目的に取り組むことで今後の人生の財産になります。

ただの暗記だけでは言語能力(国語力)、論理的思考力、発想力を持たない社会人となります。
今後はAIの発展によりロボットが多大な情報から瞬時に答えを導きだします。そこと比較して人間に優位性があるでしょうか。

言語能力(国語力)、論理的思考力、発想力を身につ行けるためには、一つ一つの教科書、問題、文章に向き合い、『理解』していくことが重要です。

Return Top